このページでは、制作指示書へ格納する素材について説明します。

対応ファイル種別

制作指示書の素材欄へ格納する際の、対応ファイル種別は以下です。

<image>
・jpeg
・png
・gif
・bmp

<audio>
・mpeg
・mp3

<video>
・mpeg
・mp4
・quicktime

<application>
・zip

その他ファイル種別について

sketchデータ

sketchデータについては素材としていただくこと自体は問題ありません。
ただし、普及の少ないソフトウェアに依存する素材の場合、対応可能なクリエイターは限られてきます。特にsketchの場合、バージョンが違うと開けないという特性もあるため、かなり限られてきます。
納期/発注タイミングや、その他オファー内容によっては、対応可能なクリエイターが見つからないケースも想定されますことはご了承いただけますようお願い致します。

inDesignデータ

inDesignデータについてはフォントがアウトライン化されておらず、Photoshopファイルやaiデータへ移行する際にデザインが崩れてしまいます。
再デザインが必要となりますため、類似したフォントでの代用が不可能となります。

上記を踏まえまして、可能な限りPhotoshopファイルaiデータでのご提供をいただけますと、対応可能なクリエイターが多く見つかるかと思います。

回答が見つかりましたか?