Kaizen Adで制作する動画広告とは?

Kaizen Adで制作する動画広告は、実際に広告や広報媒体として使われていた既存の動画メディアや静止画メディアを素材として利活用し、新たに配信先メディアの広告フォーマットにマッチしたクリエイティブへ作り変えを行う案件がほとんどとなります。
具体的な広告目的やターゲットユーザー、訴求ポイントやクリエイティブテーマなどのデザインコンセプトが制作指示内容として事前に提示されるため、クライアントとゼロから絵コンテをもとにディレクションし、コンセプト調整を行う必要はありません。

動画広告のクリエイティブタイプ

具体的にKaizen Adではどのような動画広告を制作しているか、いくつか代表的な動画制作案件タイプをご紹介しながらご紹介いたします。

静止画バナーから動画を制作する

以下は既存の静止画バナーをもとに動画広告としてリデザインしている例です。

ランディングページから動画を制作する

以下は既存のランディングページをもとに動画広告としてリデザインしている例です。

静止画素材から動画を制作する

以下は不動産会社の静止画素材から動画広告を制作した例です。

以下は求人サイトの静止画素材から動画広告を制作した例です。

既存の動画を再編集して制作する

以下は、既存の動画コンテンツ素材をオンライン動画広告として出稿するために、メディア特性を考慮し再編集して制作している例です。

動画広告の種類

Kaizen Adで制作する動画は、配信先メディアの広告仕様に準拠した動画として制作する必要があります。こちらでは、主な配信先メディアの動画広告について、ご参考になる情報リソースをご紹介します。
制作担当する広告メディアの動画仕様については、予めご理解の上、仕様に準拠した動画広告制作をお願いします。

FacebookおよびInstagramの動画広告

Facebookオフィシャルサイトに掲載されている動画広告の公式案内に具体的な広告事例や動画制作形式・仕様について詳細な情報が掲載されています。
ページ内の「広告の配置の選択」プルダウンメニューを選択することで各動画広告仕様が確認できます。

https://www.facebook.com/business/ads-guide/video/facebook-feed

なお、Facebook および Instagram等に掲載される広告は、広告ガイドラインとして動画内の各シーンに表示されるテキスト量に制約ルールがあります。
ルール違反の動画は広告表示時にペナルティが課されパフォーマンス貢献ができない結果を招きかねませんので、制作前に以下ページ掲載のガイドライン内容をご確認の上、遵守いただけますようお願いします。

https://www.facebook.com/business/help/980593475366490?ref=ads_guide

GoogleおよびYoutubeの動画広告

Googleオフィシャルサイトに掲載されている動画広告の公式案内です。

「動画広告のフォーマットについて」
動画広告の種類と各動画タイプの概要情報が確認できます。

https://support.google.com/google-ads/answer/2375464?hl=ja

「動画広告の要件」
動画広告のポリシーおよび掲載にあたって遵守が必要な要件が確認できます。

https://support.google.com/adspolicy/answer/2679940

各メディア特性に応じた動画制作方法について、さらに詳しい参考情報をご用意しております。以下リンクより、ご確認ください。

配信先メディア特性に応じた動画広告制作について

「はじめて動画制作を行うグロースハッカーの方へ」リンクのご案内

回答が見つかりましたか?