初回審査用のトライアル動画制作とは?

Kaizen Ad では、多数のクライアントより案件依頼をいただいていることもあり、コンペティション形式を採用しておりません。そのため、グロースハッカーの皆さまは制作投稿毎に報酬をお受取り頂くことができます。
上記のような報酬体系を採用しているため 、Kaizen Ad では、動画制作に参加いただく際には、事前に審査用のトライアル動画を制作いただき、制作スキルや成果物品質を確認させていただいております。
トライアル用の動画は審査の有用性を重視し、実案件の制作要件を活用した形式の場合もありますが、トライアル動画の制作については報酬は発生いたしません。予めご了承の上、ご参加いただけますようお願いいたします。

トライアル動画の種類に関して

制作スキルの確認のため、

・静止画素材から動画を制作する案件
・動画素材から編集し動画を制作する案件

の2つのトライアルを準備しております。
静止画素材のトライアルを通過した方は静止画素材の本案件へご応募いただくとことができ、動画素材のトライアルを通過した方は動画素材の本案件へご応募いただくことができます。

実際の動画制作例(ランディングページから制作)

トライアル動画の制作に参加する

はじめに以下URLより「Kaizen Adログイン画面」を開き、Kaizen Platformご利用時のアカウント(eメールアドレス、パスワード)でログインしてください。

ログイン画面

ログインURL: https://ad-optimizer.kaizenplatform.net/

ご注意:
Facebook および Google アカウント連携機能は Kaizen Ad ではご利用いただけません。予め、ご了承ください。


ログイン後、「マイページ画面」が表示されます。以下ヘッダー部のメニューより「オファーリスト」画面へのリンクを開きます。

「オファーリスト画面」よりトライアル動画案件を探します。タイトル名に【トライアル案件】の表記があるオファーを探してください。トライアル案件を見つけたら「詳細へ」リンクをクリックし、「トライアルオファー詳細画面」を開きます。

「オファー詳細画面」よりトライアル動画案件の制作依頼内容 および 制作資料を取得いただけます。トライアル案件の制作を開始する場合は、「応募するボタン」をクリックし、参加の意思表示を行ってください。ボタンクリック後は直ちに制作を開始いただけます。
なお、各トライアル案件には納期があり、期日を超過した場合は制作データの受付が行えなくなりますので応募にあたってはスケジュールのご確認をお願いします。


制作指示書を確認し、トライアル動画の制作を開始する

動画制作にあたっては、制作依頼書の内容をご確認の上、制作開始ください。クリエイティブの目的や訴求ポイント、動画制作に活用できる素材や制作ガイドラインなどが提供されていますので、ご確認ください。

なお、Facebook Feed、Instagram Storyなどの動画広告種類別の仕様についても、事前にご確認ください。特に広告ガイドライン違反があった場合は、出稿受付されないケースも発生するため、ご注意ください。各メディアの広告レギュレーションは以下のページよりご案内しております。

各メディアの広告レギュレーションリンク集


各媒体向けのベストプラクティスに関して

初めてトライアル応募される際には、上記のレギュレーションリンク集と合わせ、各媒体向けのベストプラクティスをTipsで用意しています。下記を参考にそれぞれの媒体にあった内容にて制作ください。

配信先メディアに応じた動画制作について


また、Kaizen Adでは、動画編集・制作に必要なツールを提供しておりません。ご自身でお持ちのツールを使い、動画制作を行っていただく必要があります。なお、Kaizen Adでは、動画編集ツールとして Adobe After Effect の利用を推奨しております。

オファーへの応募後は、数日以内にトライアル案件の動画投稿先リンクが「マイページ」へ表示されます。動画制作完了後は、「マイページ」よりトライアル案件の以下リンクをクリックし、動画投稿画面より制作動画をアップロードします。

制作動画を投稿する

動画投稿画面より制作した動画データをアップロードします。投稿時には、「制作・デザインの意図」フォームに各記入事項を記載いただけますようお願いします。

動画アップロード後は、アップロード動画の再生ボタンクリック後に、正常に動画再生されれば、正常にアップロード完了しております。Kaizen Ad担当者による審査結果のご連絡をお待ちください。

審査フローおよびトライアルオファーの運用スケジュールのご案内

トライアル動画の運用および審査フローは以下のようになっております。

トライアル動画審査フロー

また、下図のように、トライアルオファーは毎週水曜日に新しい案件を追加予定となっております。


審査結果のお知らせ

動画投稿後の審査結果は、動画投稿画面の「修正依頼メッセージ欄」内にお知らせします。審査結果のお知らせが入ると、「マイページ」上に修正依頼として告知されるほか、メールアドレス宛に通知メールを送信します。

修正依頼のラベル表示を確認したら、クリックした遷移先の画面にて、修正依頼メッセージを確認してください。

初回レビュー時に合格判定が出ていた場合は、合格のメッセージが届きます。
合格の場合も、補足の連絡がある場合はIntercomより個別にご連絡します。

合格に至るまでに解決すべき指摘事項があった場合は、修正依頼のメッセージが届きます。その場合は、修正内容にご対応の上、再度、制作動画を投稿してください。Kaizen Ad審査担当者が再度レビューを行います。なお、指摘内容によっては、修正依頼が複数回、繰り返されることもございますので、予めご了承ください。
審査合格レベルに到達した時点で、「合格」のご連絡が届きます。

あいにく不合格となってしまった場合は、「不合格」のご連絡が届きます。その場合は、新たに投入される別のトライアルオファーをお待ちください。再度、チャレンジいただくことが可能です。

審査結果受け取り後について

審査に通過しますと、オファー一覧画面より実際のクライアント案件に応募後、制作ご担当いただけます。

クライアント案件の制作の流れについては、以下のヘルプページよりご案内しています。

Kaizen Ad の動画制作フロー

また、以下の「はじめて動画制作を行うグロースハッカーの方へ」の各ページもご確認ください。各種設定のご案内や報酬体系のご紹介などが確認できます。

はじめて動画制作を行うグロースハッカーの方へ

なお、審査に通過していなくとも、オファー一覧画面よりクライアント案件に応募できてしまいますが、その場合は「不採用」扱いとなり、制作ご担当を却下いたしますので、予めご了承ください。
審査に通過できなかった場合は、通過するまで何度でもトライアル案件にチャレンジいただけます。不採用回数によって、ペナルティ等が発生することはありませんので、ぜひ、合格を目指して頑張ってください。

「はじめて動画制作を行うグロースハッカーの方へ」リンクのご案内

Did this answer your question?